シミ・肝斑治療 レーザートーニング

レーザートーニングとは

QスイッチYAGレーザーをマイルドな出力でお顔全体に照射することによりメラニンを少しずつ減らしていきます。回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、色むらが少ないファンデーションのいらないお肌を目指します。

レーザートーニングは、従来のレーザーでは治療できなかった肝斑にも効果を発揮します。肝斑だけでなく、しみやくすみなどの色ムラや色素沈着も改善し、明るく透明感のある肌へ導きます。

毛穴の開きの改善、赤ら顔、小じわにも効果があると言われており、美肌やエイジングケアとしてもおすすめです。レーザートーニングは、目元や口元などまで細かく照射することができます。

こんな方におすすめ

  • 頬のもやもやした色味(肝斑)を改善したい
  • シミを薄くしたい
  • 肌のトーンを明るく、均一にしたい
  • 色素沈着を改善したい(身体、VIOもOK)
  • 毛穴を引き締めたい

適応

  • シミ
  • そばかす
  • 肝斑
  • 炎症後色素沈着

レーザートーニングの特徴

  • シミと肝斑どちらにもお悩みの方もOK
  • ダウンタイムがほとんど無い
  • 痛みが最小限
  • 当日からメイクOK

肝斑とは?

肝斑とは30から40代の女性に多く、左右対照にあらわれる茶褐色のシミです。

原因は様々で、ホルモンバランスの変化や紫外線、摩擦などと言われています。

メイクや洗顔で過剰に肌を擦ることによって悪化する可能性があるので注意が必要です。

肝斑を薄くする治療としては、レーザートーニングや美白剤の使用などがありますが、当院ではそれらと並行してトラネキサム酸の内服を行うことを推奨しています。

レーザートーニングのメカニズム

一般的なシミ取りレーザーでは、高出力のレーザーを用いてシミの元になるメラニン色素などを力強く分解します。

一方レーザートーニングはレーザーを底出力で均一に当てることで、メラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激せずにメラニン色素を壊すことができるので、肝斑の治療も行うことができるのです。

症例写真

写真を選択すると、症例についての詳細を確認できます。

治療の流れ

  • カウンセリング
  • 洗顔
  • 施術
  • クーリング
  • 終了

料金表

レーザートーニング

レーザートーニング 1回 5回 10回 20回
顔全体トライアル (2回まで) ¥4,980
顔全体 ¥9,800 ¥46,550 ¥88,200 ¥156,800
手の甲・指 ¥7,350 ¥34,910 ¥66,150 ¥117,600
前腕 ¥9,800 ¥46,550 ¥88,200 ¥156,800
背中(上部) ¥14,700 ¥69,825 ¥132,300 ¥235,200
背中(全体) ¥19,600 ¥93,100 ¥176,400 ¥313,600
VIO ¥14,700 ¥69,825 ¥132,300 ¥235,200

表示されている料金は全て税込みです。上記部位以外もお気軽にご相談ください。

よくある質問

どのくらいのペースで治療を受けますか?
トーンアップや肝斑改善を目指す方は1-2週に1回の照射 現状維持を希望される方は3-4週に1回の照射がお勧めです。
治療回数は何回くらいですか?
治療回数はシミや肝斑の程度によって異なります。 初回診察時に必要回数や治療方針をお伝えします。 当院では5回から20回コースまでご準備がございます。 お一人様2回までトライアルも可能です(モニター様は適応不可)
施術時間はどのくらいですか?
照射時間は15分程度です。
痛みはどのくらいですか?
パチパチと弾かれるようなお痛みを感じられる方が多いです。 ご希望の方には麻酔のご準備がございます(別途費用がかかります)
ダウンタイムはありますか?直後にメイクは可能ですか?
数時間赤みが継続しますが、直後からメイクは可能です。
治療後に気をつけることはありますか?
レーザー照射前後1〜2週間は過度の日焼けは避けてください。お肌に赤みがある場合は照射できないことがございます。 レーザーの感受性を高めるため、レチノールをはじめとしたビタミンAの化粧品使用をお控えください。 イソトレチノインの内服中の方もリスクがありますので必ずご相談ください。